社会福祉法人 聖明福祉協会は盲老人ホーム 聖明園を運営しています。

THE SEIMEI WELFARE ASSOCIATION, INC.

社会福祉法人 聖明福祉協会

ホーム

サイトマップ

理事長あいさつ

理事長あいさつ理事長あいさつ(動画)受賞著書

社会福祉法人 聖明福祉協会 理事長 本間 昭雄

視覚障害者の老後を明るく照らし 盲大学生に夢と希望の灯をともすために

社会福祉法人 聖明福祉協会の理事長を務めさせて頂いております、本間昭雄と申します。

私自身、20歳のときに医療事故で失明し、一時は将来を失ったように感じ、苦悩の日々を過ごしました。そうした中、視覚障害者の福祉に役立つことを自分の目標とし、昭和30年1月、聖明福祉協会を立ち上げ、その後、視覚障害者宅への家庭訪問事業などの活動を経て、昭和39年、盲養護老人ホーム、聖明園を設立いたしました。現在に至るまで、全職員想いをひとつにして利用者の生活が、より豊かな日々となりますよう、日々努力しております。

聖明福祉協会には、大きくわけて2つの事業がございます。
まず1つ目は、視覚障害者のための老人ホーム、聖明園の経営です。曙荘、寿荘、富士見荘の3園を経営し、あたたかいケアにつとめ、地域福祉の発展にも寄与しています。

2つ目は、視覚障害大学生のための奨学金制度の運営です。
視覚障害を持つ学生に、夢と希望を持ち、豊かな人生を築いて欲しいという願いから、昭和44年に日本初の盲大学生奨学金制度を創設しました。現在、多くの奨学生が卒業後、弁護士や大学教授、音楽家など、社会の第一線で活躍しています。

こうして今日まで社会福祉の道一筋に続けられましたのも、全国から聖明福祉協会を支えて下さる多くの皆様のお陰だと大変感謝しております。本当にありがとうございます。

聖明園は、東京の西部、マラソンで有名な青梅市の小高い丘陵地にございます。まわりは緑に囲まれ、空気や水がきれいな、とても自然豊かな環境です。是非一度、聖明園をお訪ねください。園内をゆっくりとご案内させて頂きます。

社会福祉法人 聖明福祉協会
理事長 本間昭雄

ページトップへ

このコンテンツを視聴するには Flash が必要です
このコンテンツを視聴するには、JavaScript が有効になっていることと、
最新バージョンの Adobe Flash Player を利用していることが必要です。
Flash Player をダウンロードはこちら

ページトップへ

受賞

昭和56年1月
朝日新聞社より昭和55年朝日社会福祉賞受賞
昭和62年6月
日本社会事業大学社会福祉学会木田賞受賞
昭和63年11月
藍綬褒賞受賞
平成元年9月
毎日新聞社より第19回毎日社会福祉顕彰受賞
平成5年4月
吉川英治文化賞受賞
平成11年4月
勲五等瑞宝賞受賞
平成13年10月
青梅市市制施行50周年記念式典青梅市長より表彰状受賞
平成15年9月
日本盲人社会福祉施設協議会創立50周年記念式典永年勤続職員
表彰状および援護功労賞感謝状受賞
平成20年1月
平成19年度 第一回塙保己一賞大賞を埼玉県知事より受賞

ページトップへ

著書

昭和45年4月
「黎明期の盲老人ホームについて」
昭和49年1月
「ばらの園」
昭和53年12月
「第5回アジア盲人福祉会議と香港の盲老人福祉施設を訪ねて」
昭和57年12月
「闇の中に心の炎を」(随筆集)
平成6年10月
「救」(随筆集)
平成12年4月
「やすらぎ〜私の交友録〜」(書簡集)
他多数

ページトップへ

理念
創立の理念
理事長あいさつ